記事一覧

チューダー・ブラックベイを買う前に知っておくべきこと5つ!「チューダーは結局チューダーであってロレックスの代替ではない」など

ファイル 333-1.jpg
ファイル 333-2.jpg
ファイル 333-3.jpg

チューダー・ブラックベイを買う前に知っておくべきこと5つ!「チューダーは結局チューダーであってロレックスの代替ではない」など

スーパーコピー 代引き

| ロレックス・サブマリーナを変えないからチューダー・ブラックベイを買うのはやめたほうが良さそうだ |

さて、日本に正式上陸した後大人気の「チューダーコピー 代引き」。
かつては「チュードル」として知られ、ロレックスのディフュージョンブランドという位置づけで並行輸入されていたブランドでもありますね。

ただ、以前のチュードルはロレックスと共通のパーツを使用していたりと共通性を高めていたものの(それが魅力の一つでもあった)、近年ではロレックスとは異なるデザインを意図的に採用する方向性を強め、ケースサイズ(ときにはカラーも)、針、ベルトのデザインといったところにそれは顕著。

そして今回、「チューダー・ブラックベイ・フィフティエイト(TUDOR BLACK BAY FIFTY-EIGHT)を買う前に知っておくべき(注意しておくべき)こと5つ」という動画が公開されており、その内容を見てみましょう。

1.チューダー・ブラックベイ・フィフティエイトのケース径はサブマリーナよりも小さい
チューダー・ブラックベイにはケースサイズ41ミリという「ロレックス・サブマリーナよりも大きい」モデルも存在しますが、このフィフティ・エイトは39ミリと「サブマリーナの40ミリよりも小さく」、厚さは11.9ミリ、ラグの幅は47.5ミリというサイズを持っていて、これはかつての7924オイスター・プリンス・サブマリーナへのオマージュだと考えられる、とのこと。

ケース径が小さいので腕が細い人には向くものの、逆に腕が太い人、大きな腕時計を好む人はケース径41ミリの「ブラックベイ」を選んだほうがいい、と述べています。
スーパーコピー 代引き

2.ベゼルの素材は傷つきやすいアルミニウム
次はベゼルの素材について。
チューダー・ブラックベイ・フィフティエイトのベゼル表面は、ロレックス・サブマリーナやオメガ・シーマスター・ダイバー300Mのようにセラミックではなく「アルミにアノダイズド(アルマイト)処理を行った」ものであり、これは傷つきやすく、かつ色あせやすいので要注意、とのこと。
ダイバーズウォッチということで傷や劣化を気にしない人にとっては「味が出る」として好まれますが、常に新品同様のルックスを求める人には注意を要するようですね。

なお、回転ベゼルは特殊なロッキングメカニズムを持っていて、押し込むようにして回すようです。

チュードルコピー アエロノート 20200
型番 20200
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
タイプ メンズ
文字盤色 ブルー
文字盤特徴 アラビア
ケースサイズ 41.0mm
機能 2タイム表示
デイト表示
付属品 内・外箱
スーパーコピー 代引き

3.ゴールド部分の色味がパーツによって異なる
チューダー・ブラックベイ・フィフティエイトのベゼルやダイヤルには「ローズゴールド」が使用されており、これは文字盤上の「TUDOR」の文字やエンブレムについても同じ。
ベルトのリベットと相まってクラシカルなイメージを演出する部分ではありますが、これらの色味と「時針と短針とにメッキされたゴールドとの色味」に差があって、時針と短針のほうはちょっと黄色っぽく見えるようですね。

なお、ロレックスに使用される針は酸化を避けるために「ゴールド(シルバーに見えるものはホワイトゴールド)」が使用されていますが、チューダーではコストダウンのためか「メッキ」が採用されることとなっています。
スーパーコピー 代引き

4. ステンレスブレスのリベットが「フェイク」
チューダー・ブラックベイ・フィフティエイトには「ステンレススティール」「レザー」「ファブリック」3種類のベルトが存在しますが、そのうち「ステンレススティール」のベルトサイドにはリベットが打たれています。
これはロレックスとの差別化や、よりレトロな雰囲気を出すためだと思われるものの、これらリベットは実際にバックル左右を貫通して機能しているわけではなく、「単なる飾り」。
チューダーの性格を考えるに、「飾り」パーツを採用すること、そしてそこにコストを投じることはやや滑稽だと動画では指摘されており、購入を考えている人は「実際に手にとって見てみるべきだ」と述べています。

なお、ベルトやバックルの質感、操作した感触は非常に優れているとしながらも、クイックアジャストがないことについては不満を見せていて、高いお金(399,300円)を出してステンレススティール製ブレスレット採用モデルを購入するより、レザーベルト/ファブリックベルトモデル(365,200円)を購入したほうがいいのかもしれません。

ちなみにバックルはオールブラシ仕上げとなっているため、ここは「あまり傷を気にせず」使えて良さそうです。

スーパーコピー 代引き

5.つまるところブラックベイはサブマリーナではない
これはよく言われることですが、「本当にブラックベイ・フィフティエイトを欲しくてこの腕時計を買うのか」ということ。
ほとんどの人が「サブマリーナの1/3で買える、サブマリーナによく似ている腕時計で、かつロレックスと実際に関係がある(模倣品ではない)」という理由でこれを購入していると思われますが(ぼくがもし購入するとしてもそれと同じ理由になる)、どこまで行ってもチューダーはチューダーであってロレックスではない、ということですね。

そして、そういった理由でチューダー・ブラックベイ・フィフティエイトを購入/着用し、そこでもし横にロレックス・サブマリーナを身に着けた人がいたらちょっと気まずいな、とも思います。

スーパーコピー 代引き

ただ、そういったところを考慮にい入れてもチューダー・ブラックベイ・フィフティエイトは非常にコストパフォーマンスが高い腕時計であることは間違いなく、「ほぼ完璧」だと評するメディアもあるようですね。

本当にグランドセイコーはいい腕時計なのか!ロレックス・サブマリーナと細部を比較してみた。両者の考え方の差が明確に

ファイル 332-1.jpg
ファイル 332-2.jpg
ファイル 332-3.jpg
ファイル 332-4.jpg
ファイル 332-5.jpg

本当にグランドセイコーはいい腕時計なのか!ロレックス・サブマリーナと細部を比較してみた。両者の考え方の差が明確に

スーパーコピー 代引き

グランドセイコー スーパーコピー| 甲乙つけることができない部分もあるが、明白に優劣が見える部分も |

さて、ロレックス・サブマリーナ116655LNとグランドセイコー・スポーツSBGA229との比較動画が公開に。
ロレックス・サブマリーナについてはもはや説明を要さないと思われるので、グランドセイコー・スポーツSBGA229について触れておくと、まずグランドセイコーには「エレガンス」「スポーツ」「ヘリテージ」といったラインが存在。
価格を見ると、このSBGA229ダイバーズウォッチの中では比較的上位にあるようですが、グランドセイコーはそのムーブメントに「機械式」「スプリングドライブ」とが混在し、単に価格だけで比較できないのがその難しいところです。

グランドセイコー・スポーツSBGA229はこんな腕時計
そしてこのグランドセイコー・スポーツSBGA229の希望小売価格は640,000(税抜き)なので、ロレックス・サブマリーナ(116655LN)の943,800円(税込み)よりはちょっと安い、ということに。

ケースサイズは44ミリなのでサブマリーナの40ミリより大きく、その素材はステンレス。
防水性能はグランドセイコー・スポーツSBGA229が200メートル、サブマリーナは300メートル。

もっとも大きな違いは、グランドセイコー・スポーツSBGA229のムーブメントに「スプリングドライブ」が採用されている、ということ。
これはセイコーが独自に開発したムーブメントで、自動巻き腕時計のようにローターでゼンマイを巻き上げますが、その運動を電気エネルギーに変換し、「クオーツ時計」として機能させるもの(クルマで言えばハイブリッドのようなもの)。
平均月差はプラスマイナス15秒、パワーリザーブは約72時間というスペックを持っています。
ロレックス・サブマリーナは1日でプラスマイナス2秒、パワーリザーブは48時間なので、この点においてはグランドセイコー・スポーツSBGA229の圧勝だと言えそうです。

スーパーコピー 代引き

ロレックス・サブマリーナとグランドセイコー・スポーツSBGA229を比較してみよう
ただ、腕時計は「精度」で決まるものではなく、というのも現代の腕時計はもはやアクセサリーもしくは自己満足アイテムであり、そこにどれだけの充足度を見つけることができるのか、ということ。
つまり「買ってよかった」と思えるだけのフィニッシュを持つかどうかということですね。

まずは文字盤。
グランドセイコー・スポーツSBGA229の「GS」はかなり精度が高く、サンドブラスト仕上げを持つ模様(そしてキメが細かい)。
「Grand Seiko」の文字も立体的なテクスチャを持っています。

セイコースーパーコピー プロスペックス マリーンマスター SBDX001 8L35-0010
型番 SBDX001 8L35-0010
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブラック
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 42.0mm
スーパーコピー 代引き

一方こちらはロレックス。
割と平面的。

s11
こちらはベゼルのエッジ。
肉眼で見るとロレックスのほうがシャープでエッジが美しいように見えますが、拡大してみるとグランドセイコー(左)のほうが「ひと手間多く」意図的にやわらかく仕上げていることがわかり、これまでの(グランドセイコーはエッジが甘いという)印象が覆った部分でもあります。
なお、ブラシ仕上げとポリッシュ仕上げ部分について、グランドセイコーとロレックスとが「逆」なのは面白い相違ですね。※針においてもロレックスはポリッシュ、グランドセイコーはブラシ仕上げと”真逆”

s5
こちらはリュウズ。
グランドセイコー(左)はGS文字を彫り込んだ後にサンドブラスト加工を行い、そこからポリッシュ。
ロレックスはおそらく鋳造品(段差部分の処理を見ると削り出しではなさそう)を磨いただけなのでは、という印象です。

s7
なお、インデックスには多面カット(ロレックスはポリッシュ)。
仕上げには好き嫌いがあるかと思われるものの、相当な手間がかかっているのは間違いのないところ。

s3
針の先端は尖っているもの、側面は「丸く」処理がなされている模様。
このあたりはベゼルのカドの処理と同じで、「鋭く」仕上げるよりも「丸く」仕上げるのがグランドセイコー流だと言えそう。
なお、針についてはカドを落とすのも、もしくはロレックスのように薄く平面で仕上げるのも同じように高い技術が要され、これも「どちらがどう」と言えない部分です。

s2
ただ、こういった針の処理を見る限り、グランドセイコーのほうがやや複雑な工程を経ているのではという印象も。
文字盤についても異なる表面処理が混在するのはグランドセイコーならではです。

s1
こちらはブレスレット。
ぼくはブランドセイコーのブレスレットは「隙間が多く」あまり好きではないのですが、ブレスレットにも両者の考え方がよく現れていて、ロレックスはより精密に隙間なくシャープに、そしてグランドセイコーはより丸く、といった感じ。
バックル部分のロゴ、コマのプレスや磨きにおいてもグランドセイコーのほうが手間がかかっていることはわかるものの、これも好き嫌いの問題かもしれません(結局、腕時計はすべてが好き嫌いになるとは思う)。

スーパーコピー 代引き

バックル内部は他と異なり、完全な優劣が現れた部分。
グランドセイコーの内部は「金属の板をプレス加工して製造」という安っぽい作りであるのに対し、ロレックスは鋳造パーツ(たぶん削り出しではない)に磨きをかけた、剛性の高いパーツを使用しています(これは現行モデルから採用された変更)。

ロレックスは「ブレスレットやバックルなど、全体を含めた状態が一本の腕時計」と考えていることがわかりますが、セイコーの考える腕時計とは「ムーブメントや、見える部分だけ」なんじゃないかとも思わせるところで、このバックルは「何十万円も出して買ったのにがっかり」することになりそうです(逆に、ロレックスは購入後”こんなところにまでこだわっているのか”と驚かされそう)。

Xperiaのアプリ・・・。

MyTracksというソフトを使ってみた。
これは,自分の通ったところを軌跡として地図に残しておけるもの。旅行なんかで通ったところが分かるから便利。
ファイル 331-1.jpg

 途中の赤い線が,なんかボコッとしているな?? と思ったのでそこを拡大して驚いた。うどんを食べた様子がしっかり記録されていた。車を止めるのに一度入れ直したのも,うどん屋の中のルートもしっかりと記録されていた・・・(汗)
ファイル 331-2.jpg

 XperiaはGPSとドコモの電波状態から位置を割り出しているみたい。歩行にも対応している。
 このあと,綾川イオンに行ったが,もちろん「ウロウロ」したのが記録されていた。

 なお,このルートはグーグルマップに保存できる。そして,移動距離,最高速度,最大高度などが記録されている。登山にも利用できるね。
ファイル 331-3.jpg

 今年は,ヤツマタに力を入れすぎたのと,休みというものが少なかったこと。ばあちゃんが比較的元気だったので・・・?

なんと,キウイが伸び放題。
ファイル 330-1.jpg

隣の栗の木まで進出。しかし,ことし栗の木の葉が茶色くなって落ちてしまった。栗の実も落ちてしまった。なぜだろう?
ファイル 330-2.jpg

木自体は生きているみたいだが・・・。

キウイも実がついているが今年は少ない。貴重な実となりそう。
ファイル 330-3.jpg

猛暑のせいも少しはあるかもしれないが,やっぱり手入れしないと,思ったようには育たない(-_-)

収穫のついでに

 気になる虫たち。
テントウムシみたいだ。
ファイル 329-1.jpg

これは,アリ。開けてびっくり・・・!
ファイル 329-2.jpg

そのほか,大きいのも・・・。
ファイル 329-3.jpg
 ファイル 329-4.jpg

これらの虫が,茶色くなる前に実を食べてしまっているのではないか・・・? とにかく,茶色くなると実がなくなっているのか?
実がついていないのが茶色くなるのが早いのか調べる必要あり。

とりあえず,第三回収穫はこれだけ。
ファイル 329-5.jpg

収穫 第三回

 天気がいいので,夕方からヤツマタの収穫に行った。水をやりにいけなかったのでカラカラだったが幸いにして枯れては居ない。
ファイル 328-1.jpg

 前に,茶色くなりつつあった穂がすっかり色が変わっていた。実はついていない。
ファイル 328-2.jpg

 東祖谷から移植したものも大きくなって穂ができた。ここは暖かいが東祖谷はもう寒いだろうな。結構立派になった。植え替えるときにきちんと一本一本株をわけていたのか,すらりとしている。穂もごらんの通り。ただ,実がついていない。今からか?
ファイル 328-3.jpg
 ファイル 328-4.jpg

 完全に色が変わっているもので,実がついている物はない。このぐらいになったところで収穫した。どうなのだろう?
ファイル 328-5.jpg

心配なのは虫の影響。暖かい所では育たない理由?でも,駆除の方法があるだろうに。

収穫 第二回

 仕事が休みの時を利用して,ゆっくりと収穫する。今回も前回と同じぐらい収穫できた。
 別の所にはえた一本も実の重さに耐えかねたのかダウン。
ファイル 327-1.jpg

 こんなに大きな穂がついている。倒れた穂は早く収穫しないと腐ってしまうらしいが,あまりにも青いのでもう少しおくことにする。
ファイル 327-2.jpg

 昨年は,一週間に一回しか見に行けなかったのだが,茶色くなった穂に実がついていないものが多い。→実がついていないものは早く茶色くなるのか。
 だが,こういう穂があるのが気になる。
ファイル 327-3.jpg

 途中まで,実がついていてそこは緑色で,実がついていないところが茶色くなっている。だんだんと下に下がってきているような?
 実がしぼんでいくようなそんな感じに見える。

ファイル 327-4.jpg

やがてこうなってしまうのではないかと考えてしまう。実がおちているのだろうか? 東祖谷で昨年収穫した穂はこんな事なかった思うのだが・・・。

ところでこの写真xperiaで撮影。結構きれいにとれる。(^_^)v
xperia は本当におもしろい。また話題に入れよう。

それはそうと忙しくて更新できなかったが,一気にヤツマタ日記がすすんでしまった。

東祖谷のヤツマタ

 刈り取られたという東祖谷のヤツマタ畑へ。
もう,雑草に覆われていた。でも,そのなかに穂が一本,二本と見えている。ファイル 326-1.jpg
 ファイル 326-2.jpg

さすが,たくましい。来年の為の種の収穫は大丈夫ではないだろうか。

ファイル 326-3.jpg

 しっかり穂がでている。一ヶ月遅れてしまったわけだが,今年は暑いので成長も早い?

収穫 第1回

実があまりに大きくなるとまた倒れるそうなので半分ぐらい色づいているものは収穫した。
ファイル 325-1.jpg

朝一番,出勤前に収穫したのだが,これだけとれた。さすがシコクビエと呼ばれることだけはある。
 これは,一日乾かした後のもの。かなり,茶色くなっている。しかし,実が小さいような気がする。

さぁ そろそろ

 色づいてきた。(茶色くなってきたのだが)
ファイル 324-1.jpg

 電話で東祖谷で昨年まで指導してくれていた人に聞いてみた。実が重くなると,芯が弱いのは倒れるらしい。なるほど。倒れているのは実が重かったからか。
ファイル 324-2.jpg

 確かに,とてもたくさん実がついているのもある。これは重そうだ。
ファイル 324-3.jpg

気になるのはこの穂。
ファイル 324-4.jpg

実が,入らないまま茶色になっている。昨年は,この穂がとても多かったような気がするが。昨年の,穂の様子をもっと記録しておくべきだった。いまさら言っても仕方がないが・・・。

ページ移動

リンク集:スーパーコピー時計ロレックススーパーコピーウブロスーパーコピー